アクテージ痛み情報局

ひざ痛関連

梅雨時期、天気が悪くなると
ひざの痛みが増すのはなぜ?

梅雨時にひざの痛み(慢性痛)が増すことはありませんか?

雨や台風など天気が悪くなる前に「ひざが痛い」「古傷がうずく」といった症状を訴える人が増えるというのを耳にしたことはありませんか?武田薬品が独自に行った体調に関する調査では、一年以内に関節痛の経験がある人のうち約半数が梅雨時・低気圧が近づいた時・雨の日に「関節が痛む」と回答がありました。
低気圧が近づくと関節痛、神経痛や腰痛が悪化し、移動性高気圧が通過すると喘息発作が増えるなど、昔から気圧の変化が我々の体に影響を及ぼすことは一般的に知られています。このような気象の変化により症状が出やすい病気を総称して「気象病」と呼び、天候の変化により現れたり、強くなる痛みには天気痛という名前がついていて、科学的にも研究されているのです。(後述、コラム参照)
それでは、気圧の変化が我々の体に与える影響について見ていきましょう。

タケダ調査(2008年3月実施)体調に関する調査 / 1年以内に関節痛の経験がある97人中、梅雨時・低気圧が近づいた時・雨の日に関節が痛むと回答した人(30歳〜59歳)

なぜ気圧の変化で痛みが増すのでしょうか。

気圧が低下(変化)すると体はその変化に順応しようとするため、速やかに血圧と心拍数が上昇します。
血圧や心拍数の上昇は交感神経優位の状態と考えられ、交感神経の活動が活発化することにより、血管収縮あるいは副腎髄質からのアドレナリン放出などが痛覚受容器や冷受容器の反応を高め、痛みが増すと考えられます。(痛みに関連する神経系が直接応答することもあります。)ただし、気圧がしばらく一定に保たれていると血圧、心拍数は落ち着き、痛みもおさまります。また、気圧の変化よりも反応はゆるやかですが、気温の低下によっても、血圧と心拍数が上昇することがわかっています。

天気痛

梅雨時期に備えた予防策を。

気圧や気温が日々変動しやすい梅雨時期は痛みが増強されやすいシーズンといえます。
気象の変化が予測されたらこりや痛みの増強に備え、

  • ・サポーターなどを活用して患部が冷えないようにする。
  • ・入浴やストレッチなどで血行をよくする。
  • ・神経原性の痛み(外傷や炎症はないけれど、神経が傷つくことによって起こる痛み)であれば、痛みの緩和にビタミン剤を服用してみる。
  • ・自律神経を安定させるために効果的なストレス解消法を見つけ、実践する。

など、工夫するとよいでしょう。

梅雨時期に備えた予防策を。

いろいろあります気象病・・・

【気象病とは】

気象の変化により症状が出やすい病気の総称で、生気象学(せいきしょうがく)で研究されている分野です。

【主な気象病】

●天気痛(関節リウマチ、神経痛、片頭痛、骨折痛など)
●メニエール病 ●緑内障 ●気管支炎喘息、感冒、肺炎 ●急性虫垂炎など
●心臓、循環器疾患(心筋梗塞、狭心症、急性心臓死、脳出血など) ●精神障害、てんかん、うつ病