アクテージ痛み情報局

ひざ痛・首こり共通

寒いとなぜ?冬場に増えるひざ痛、首こり

寒さと痛みの関係。

寒くなると、ひざ痛、あるいは首すじや肩のこりで医療機関を受診される方が増えてきます。やはり寒さが厳しくなる冬は、体の節々に痛みを生じやすい最大のシーズンといえるのではないでしょうか?
気温が下がると血管の収縮などが起こるため、血行が悪くなったり、酸素や栄養の循環も滞ったりし、体は老廃物が溜まりやすい状態になります。そのため筋肉が硬くなってさらに血行が悪くなり、ますます筋肉が硬直します。冬場の体のこりや痛みは、こうした悪循環の繰り返しによって起きると考えられます。さらに、寒さの厳しい日に戸外に出たりすると、ついつい体を丸めてしまい姿勢まで悪くなります。しかも、冬は厚着になるため、体が動かしにくく活動性も低下することで体の血行が悪化します。また、重い衣服はそれだけでも肩こりの原因になります。
冬場はまさに、こりや痛みを助長する多彩な因子に囲まれている季節なのです。

寒さと痛みの関係

寒さと痛みのメカニズム

まずは体を温め、血行を改善しましょう。

体を温めながら十分な睡眠と休息をとり、疲労を蓄積させない工夫が必要です。その一方で、適度な運動を取り入れて体の活動性を維持し、血行を停滞させないことも大切です。また、厚着だと体を動かしにくくなるため、薄くても保温性の高いインナーウェアを活用するなど動きやすく、温かい服装を心がけるとともに、体を温める食品を多く摂取することを心がけましょう。

血行改善の3つのポイント

ポイント1 適度な運動をしましょう。

適度な運動をしましょう。

ウォーキング、ストレッチ、ラジオ体操などがおすすめです。ひざに痛みのない方であれば、縄跳びもよいでしょう。腕を回すことで首、肩、上腕の血行が促進され、また跳躍を繰り返すことで首が垂直方向に矯正されることもあります。縄なしの縄跳びでも構いません。
(ひざに痛みがある方の運動は医師にご相談下さい。)

ポイント2 保温性の高い衣服を選びましょう。

保温性の高い衣服を選びましょう。

薄くても温かいインナーウェアなどを着用しましょう。また、指先、つま先、ひざ、首や肩などを温めるのも有効です。

ポイント3 体を温める食品を摂取。

体を温める食品を摂取。

普段からショウガやねぎ、にんにくなど体を温める食品の摂取を心がけましょう。

ひざ痛予防におすすめ

カロリーコントロール

太っていると、ひざのトラブルをまねきやすくなります。ひざへの負担を軽くするため、運動やカロリーコントロールで減量しましょう。ただし無理な減食は避けましょう。

靴底が1cm以上ある厚めの靴

靴底が1cm以上ある厚めの靴をはき、ひざへの負担を軽減させましょう。

首こり予防におすすめ

下を向く作業を長く続けない

いつも下向きの姿勢を続けていると、首が頭の重さにまけ、正常な頚椎の形(S字カーブ)が崩れてしまいます。下を向く作業は長く続けず、1〜2時間に1回は休憩をとりましょう。

大きくて低い、柔らかめの枕

高すぎる枕は、首が曲がって肩に負担がかかり気道を圧迫するので避けましょう。大きくて低い、硬すぎない枕がおすすめです。

ビタミンB1・B6・B12

ビタミンB1・B6・B12などは傷ついた末梢神経の修復に関与するため、豚肉やレバーなどの摂取を心がけましょう。

首にとってのいい姿勢

首にとっていい姿勢とは、顎を20度くらいあげたこの姿勢。時々この姿勢を取ると良いでしょう。

参考文献:武田薬報 2009 455号