アクテージ痛み情報局

ひざ痛・首こり共通

痛みはどうやって感じるの?

痛みってなに?

痛みには、一過性で基礎疾患が治ると痛みも消える急性痛と、6ヵ月以上痛みがつづく慢性痛があります。(病態によっては2〜3週間以上でも慢性痛と言うこともあります。)
もし痛み(急性痛)を感じなかった場合には、骨折や脱臼、やけどなどをしてもなんとも思わないといった現象が起こります。痛みを感じなければ、病気の発見が遅れて重症になることもあります。痛みとは、人に警戒心を持たせることで、いろいろな危険から生命を守るために本能的に備わっている危険信号なのです。

痛みってなに?

痛みの伝わり方

1. 刺激などを受ける(侵害刺激)

「侵害刺激」とは、組織を実質的に損傷するか、その危険性のある刺激のことです。刺激がある強さ以上に達すると、組織の損傷を起こし、発痛物質や発痛増強物質が産生されます。

2. 末梢神経の侵害受容器で感知

末梢神経先端の侵害受容器で刺激を感知します。

3. 神経線維を通り、脊髄へ伝わる

4. 感覚神経を通じて、脳(大脳)へ伝わる

脊髄に伝えられた信号が大脳へ伝えられ、「痛み」を認知します。

痛みの伝わり方

外部から刺激を受けたわけではないのに生じる肩や腰の痛みなども、痛みの伝わり方は同じです。発痛物質は、物理的な刺激からはもちろんですが、血流が悪化しても作られます。たとえば緊張や不安などで交感神経の興奮が続くと、血管を収縮させ血流が悪化、硬直した筋肉が末梢神経を圧迫・損傷したり、溜まった老廃物質が神経を刺激し、発痛物質を生成させる要因となります。

痛みてなに?

痛みの対処には

市販薬で対処できる主な方法に、「①痛みの原因が改善されるよう働きかける方法」、「②痛みの発生経路に働きかけて痛みを抑える方法」があります。

1. 痛みの原因が改善されるよう働きかける方法

血流の改善や筋肉の緊張を緩和するビタミンなどをのんだり、外側から温めて血流を改善するなど、発痛物質を産生させる原因を改善する方法です。

2. 痛みの発生経路に働きかけて痛みを抑える方法

例えば、発痛増強物質の産生を抑える方法があります。
刺激を受け組織が損傷すると、まず細胞膜にあるリン脂質はアラキドン酸に変わり、更に体内にあるシクロオキシゲナーゼという酵素の働きにより発痛増強物質プロスタグランジンが生成されます。(プロスタグランジンは、熱感や腫れ、発痛の増強作用があります。)
この発痛増強物質の産生を抑える働きをするものとして、NSAIDsとよばれる非ステロイド性抗炎症薬があります。
NSAIDs(インドメタシン、イブプロフェンなど)は、シクロオキシゲナーゼの働きを阻害することで、発痛増強物質プロスタグランジンの合成を抑制し、鎮痛消炎作用を示すものです。内服薬や外用薬で用いられています。

痛みに二度さらされている?

私たちは、痛みに二度さらされています。これは神経線維の太さと伝導速度の違いによるもので、足をうったり、やけどをしたときに感じる最初の鋭い痛みはファーストペインと呼ばれ、末梢神経のAδ線維が痛みの信号をいち早く脳へ伝えます。その後しばらくしてから、C線維がジワーッとした痛みのセカンドペインを遅れて脳へ伝えます。このように、痛みが伝わる時間が異なることで、二度の痛みを感じているのです。

ポイント2 保温性の高い衣服を選びましょう。