肩・首すじのこりや痛みの緩和にアクテージSN錠[第3類医薬品]

こんなお悩みありませんか?

  • 肩こりがつらい。

    肩こりがつらい。

  • 肩だけでなく、首すじにまでこりがきている。

    肩だけでなく、
    首すじにまでこりがきている。

  • 手足がしびれる。

    手足がしびれる。

  • 頭痛がするほどこりがつらい。

    頭痛がするほど
    こりがつらい。

こうしたつらい肩・首すじのこりは、
どうして起こるのでしょうか?

こり発生要因とは?

こりや痛みの発生メカニズム

(1)血行が悪くなる→(2)老廃物がたまる→(3)筋肉が強ばる→(4)末梢神経を損傷する→(5)首や肩がこる

アクテージSN錠なら

こりや痛み原因
6つ有効成分働きかけます。

5つのビタミンとガンマーオリザノールを配合。
有効成分がさまざまな角度からこりの原因に働きかけ、つらい痛みを緩和していきます。

  • 血液の流れの悪化
    血液の循環を
    良くする成分
    d-α-トコフェロールコハク
    酸エステル(天然型ビタミンE)

    末梢の血液循環を改善し、神経や筋肉組織への酸素・栄養素の供給を促します。

    血流改善
  • 筋肉の硬直
    筋肉のエネルギー代謝の低下
    筋肉のエネルギー代謝を
    高める成分
    フルスルチアミン
    (ビタミンB1誘導体)

    神経や筋肉の機能維持に重要な役割を発揮。神経細胞唯一のエネルギー源であるブドウ糖からエネルギーを作るとき、ビタミンB1の働きが欠かせません。フルスルチアミンは、細胞内でビタミンB1に変換されます。

    ピリドキサールリン酸
    エステル水和物
    (活性型ビタミンB6

    神経の機能維持に効果を発揮。神経伝達物質の生成に関与します。

  • 硬直した筋肉が
    末梢神経を圧迫・損傷
    傷ついた末梢神経の
    修復に関与する成分
    メコバラミン
    (活性型ビタミンB12

    神経細胞のDNA合成に関与。
    また、神経繊維を覆っている鞘(さや)の形成・修復の促進や神経伝達物質の減少を抑え、改善していきます。

    葉酸

    メコバラミンと協力して、神経細胞のDNA合成、末梢神経の修復に関与します。

  • ビタミンB1・B6・B12の働きを助ける成分
    ガンマーオリザノール

    神経や筋肉の機能維持に役立ちます。

    こりと痛みの緩和

肩・首すじのこりや手足のしびれに
6つの有効成分配合

アクテージSN錠お試しください。

3錠(1日服用量)中

フルスルチアミンとして
(フルスルチアミン塩酸塩
100mg
109.16mg)
ピリドキサールリン酸エステル水和物 60mg
メコバラミン 1,500μg
d-α-トコフェロールコハク酸エステル 100mg
ガンマーオリザノール 10mg
葉酸 1mg
添加物:
ケイ酸Ca、トウモロコシデンプン、無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、セルロース、アラビアゴム、酸化チタン、白糖、炭酸Ca、ビタミンB2、タルク
アクテージSN錠 販売名:アクテージSN錠 第3類医薬品

メーカー希望小売価格(税抜き)

42錠/約14日分:2,980円
84錠/約28日分:5,880円

のみやすさにもこだわりました。

糖衣錠は、成分の味やにおいをコーディングして、
のみやすくした錠剤です。

フィルムコーティング

まずは1ヵ月、1回1錠、1日3回(15歳以上)。

※用法・用量通りにお試しください。効果を感じはじめたらそのまま続けて服用することができます。
※1ヵ月ほど服用しても症状がよくならない場合は、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

アクテージSN錠に関するお問い合わせは

お客様相談室
フリーダイヤル
0120-567-087

受付時間:月曜〜金曜(土日祝日・その他の当社休業日を除く)の9:00~17:00

よくある質問

長期に服用してもよいですか。
効果が感じられているのであれば、続けて服用することができます。
用法・用量通りに1ヵ月ほど服用しても症状がよくならない場合は、
医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
減らして服用してもよいですか。
1回1錠、1日3回で臨床試験を実施し、有効性を確認していますので
減らして服用することはおすすめできません。
「アクテージAN錠」と併用してもよいですか。
重なっている成分があり、1日最大薬用量を超えてしまいますので、併用はしないでください。
「アリナミンEXプラス」や「アリナミンA」と併用してもよいですか。
重なっている成分があり、1日最大薬用量を超えてしまいますので、併用はしないでください。
鎮痛剤と併用してもよいですか。
「アクテージSN錠」には鎮痛成分は含まれていませんので併用できます。
ただし、ビタミンが配合されている鎮痛剤と併用する場合は、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
尿が黄色くなったのはなぜですか。
本剤に含まれている葉酸によるものなので心配ありません。
葉酸が体内に吸収された後、代謝され、尿に排出されたからです。
LINEで送る Facebookでシェアする
身近な症状・疾患の原因や対処法をかんたん検索。タケダ健康サイト症状・疾患ナビ