ひざなどの関節や腰の痛みにアクテージAN錠

歩くたびに痛むつらいひざなどの関節痛、いろいろためしてみたけど・・・。という方にはアクテージAN錠。神経に作用する3つのビタミンと、関節軟骨内成分コンドロイチンが、ひざなどの関節痛に効果を発揮。内側から痛みを和らげていきます。関節痛のことを考えてつくられた医薬品、アクテージAN錠をお試しください。

「ひざ痛」のモデル図

このページの先頭へ

3つのビタミン

3つのビタミンとは、フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)、ビタミンB6、ビタミンB12のことです。フルスルチアミンは、体内でビタミンB1に変換され、関節痛・腰痛・神経痛などの症状を緩和します。また、ビタミンB6・B12がそれらの症状の緩和を助けます。

ビタミンB1(フルスルチアミン)

ビタミンB1は、神経の情報伝達などの働きに関与します。ブドウ糖は神経細胞の唯一のエネルギー源ですが、そのブドウ糖をエネルギーに変える時、ビタミンB1の働きが欠かせません。つまり、神経の働きを支える重要な物質がビタミンB1なのです。しかし、食品から摂取するビタミンB1には、壊れやすくて体内に吸収されにくいという性質があります。そんな性質を改良したのが、タケダが開発したビタミンB1誘導体「フルスルチアミン」。ビタミンB1に比べ体内へ吸収されやすく、筋肉や神経などに行きわたり、効果を発揮します。

ビタミンB6

神経は、情報をほかの神経や臓器に伝えるために”神経伝達物質”を放出します。これらはタンパク質でできており、神経細胞内で、原料のアミノ酸を組み合わせて作られます。このときビタミンB6の働きが欠かせません。

ビタミンB12

神経細胞は、完全に壊れてしまうと復活は難しいとされていますが、神経線維を覆っている鞘(さや)などが、部分的に壊れた際は、その修復が可能です。こんな時に役立つのがビタミンB12です。

このページの先頭へ

コンドロイチン硫酸

ひざなどの関節は、骨と骨が直接ぶつからずスムーズに動けるよう、また歩く際などに関節に加わるショックを緩和できるよう、軟骨で覆われています。この軟骨を構成している成分の一つが、'プロテオグリカン'です。そしてこのプロテオグリカンを構成するのに必要なのが、コンドロイチン硫酸で、弾力性や保水性を与える役割をしています。

このページの先頭へ

のみやすい淡橙黄色のフィルムコーティング錠

アクテージAN錠には、吸湿性が高い成分が配合されているため、錠剤のまわりをフィルムでコーティングしています。フィルムコーティングには、のどに貼りつくのを防いでのみやすくするという働きや、変色を防いだり、気になるにおいや味をカバーする効果もあります。

このページの先頭へ

1回2錠、1日3回(15歳以上)

まずは1ヵ月。用法・用量通りにお試しください。効果を感じはじめたらそのまま続けて服用することができます。※1ヵ月ほど服用しても症状がよくならない場合は、医師または薬剤師にご相談ください。

このページの先頭へ

製品情報

アクテージAN錠 第三類医薬品 メーカー希望小売価格(税抜き)100錠/約16日分:3,980円 200錠/約33日分:6,980円

6錠(1日服用量)中

フルスルチアミンとして100mg(フルスルチアミン塩酸塩 109.16mg)ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)20mg シアノコバラミン(ビタミンB12)60μg コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 800mg

添加物:塩酸グルコサミン、クロスカルメロースNa、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、還元麦芽糖水アメ
  • 添付文書をダウンロードする

このページの先頭へ

よくあるご質問

長期に服用してもよいですか。
効果が感じられているのであれば、続けて服用することができます。
用法・用量通りに1ヵ月ほど服用しても症状がよくならない場合は、医師または薬剤師にご相談ください。
「アクテージSN錠」と併用してもよいですか。
重なっている成分があり、1日最大薬用量を超えてしまいますので、併用はしないでください。
「貼るアクテージミニ」や「貼るアクテージL」と併用してもよいですか。
併用できます。例えば、朝昼夕食後に「アクテージAN錠」を服用し、
就寝前に「貼るアクテージL」を貼るといった併用方法も可能です。
「アリナミンEXプラス」や「アリナミンA」と併用してもよいですか。
重なっている成分があり、1日最大薬用量を超えてしまいますので、併用はしないでください。
鎮痛剤と併用してもよいですか。
「アクテージAN錠」には鎮痛成分は含まれていませんので併用できます。 ただし、ビタミンが配合されている鎮静剤と併用する場合は、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
カニ・エビなどの甲殻(こうかく)アレルギーですが、服用してもよいですか。
アレルギー体質の方は医師または薬剤師にご相談ください。
尚、添加物の塩酸グルコサミンはカニ・エビ由来の原料を使用していますので、服用しないでください。
ひざに水が溜まっています。このような症状にも効果がありますか。
ひざの水に対して効果は期待できませんが、神経にはたらき、関節痛を緩和する効果は期待できます。 まず、整形外科を受診し、主治医にご相談ください。

このページの先頭へ