アクテージ痛み情報局

首こり関連

生活習慣と首こり

首こり・肩こりを引き起こす要因

首こり・肩こりを引き起こす要因はいくつもありますが、今回は日常生活の中にある要因を大きく5つに分けてお話しします。
あなたが普段どんな姿勢をしているかなど、この機会に是非確認してみましょう。

① 姿勢の悪さや同じ姿勢の継続

② 運動不足

③ 精神的ストレス

④ 眼精疲労

⑤ その他の要因

① 姿勢の悪さや同じ姿勢の継続

長時間の車の運転やパソコンの操作など、同じ姿勢を継続することがよくあります。このように同じ姿勢を続けると、筋肉がこわばって血流が悪化し、首こり・肩こりを引き起こします。(このメカニズムについては、「首こりの悪循環サイクル」をご参照ください)また、パソコンやスマートフォンをよく使うためうつむき姿勢になることが多いのですが、いつも下向きの姿勢を続けていると、首が頭の重さに負け、「ストレートネック」になりやすいと言われています。「ストレートネック」とは、本来S字に弯曲している頚椎がまっすぐになっている状態です。ストレートネックになると、首の筋肉が硬直して周辺の神経や血管を圧迫するため、初期症状として首こり・肩こりなどが出現します。

肩・首すじのこりや痛みのメカニズム

② 運動不足

運動不足になると、筋肉が伸び縮みしづらくなるため筋肉が硬くなったり、筋力が低下したり、血行が悪化します。適度な運動をし、自然に首や肩のよい状態を保つことが大切です。
また、体重が直接首こりや肩こりを起こす要因ではありませんが、太りすぎていると背骨への負担が大きくなり、逆にやせすぎで筋力が弱くても肩にかかる負担をカバーしにくく、首こり・肩こりが起こりやすくなります。
現代は、車やエレベーター・エスカレーターでの移動など、生活環境が便利なため、日常生活で適度に筋力を使う機会が少なく、運動不足になりやすいのです。

③ 精神的ストレス

ストレスからくる首こり・肩こりには大きく分けて2つあります。
一つは交感神経を刺激する自律神経ルート、もう一つは運動神経を刺激する脳脊髄(のうせきずい)神経ルートです。
自律神経ルートは、精神的ストレスが強まると、血流をコントロールしている交感神経が過度に反応し、首や肩周辺の血行障害を起こすものです。
脳脊髄神経ルートは、脳がキャッチしたストレス情報が神経線維を伝わり、首や肩周辺の筋肉を緊張させることで血行障害を起こすものです。
双方とも血行悪化を引き起こすため、首こり・肩こりの要因になります。

④ 眼精疲労

目の神経が疲労すると、目の頭のまわりにある筋肉や首筋の筋肉が緊張し、血行不良が起こって首こり・肩こりとなります。
また、長時間のデスクワーク等により、目・首・肩周辺に筋肉疲労が蓄積され、更にドライアイやテクノストレスが重なって首こり・肩こりが起こることもあります。
一般的に眼精疲労を訴える人の多くが、強い精神的ストレスを感じていると言われています。

⑤ その他の要因

首こり・肩こりを引き起こす要因には、その他にも色々あります。冷え性もその一つです。冬場だけでなく、夏場のクーラーなども冷えにつながります。長時間冷えると、筋肉が硬直し、血行が悪くなります。また寒いからといって体を縮こめたり、厚着しすぎて体を動かしにくくなっても、血行が悪くなる要因となります。

更年期も影響する?

更年期に見られる症状の一つに自律神経の乱れ(冷え・動悸・のぼせなど)があります。
筋肉が緊張し、疲れがたまるため、首こり・肩こりなどの要因になるとも言われています。
また、更年期特有の気分の落ち込みやストレスもまた、首こりや肩こりなどの要因となります。

■あなたの姿勢は大丈夫?

首こり・肩こりになりやすい姿勢・体型

こんな姿勢は要注意

こんな体型の方は要注意

こんな方はストレートネックに要注意!

  • パソコンをよく使用している

  • スマートフォンや携帯をよく使う

  • 首を後ろに倒すと痛い

  • 座っていると、よく首や肩がこる

  • 猫背である

  • 運動不足である

※上記項目に一つでも該当する場合は、ストレートネックになりやすい傾向にあります。
 普段から正しい姿勢を心がけましょう。