アクテージ痛み情報局

首こり関連

つらい頭痛まで引き起こす、首こり

首こりと頭痛の関係。

首こりや肩こりを感じる際に、併発する症状として半数以上の方が挙げているのが「頭痛」と「眼精疲労」。中でも、頭痛は実に約6割の方が併発している症状です。首こりや肩こりの症状が、頭や目にまで広がっているのです。頭痛には、主に筋肉と血管の2つが関与しています。
首の後ろにある大きな筋肉の中でも一番深部にある頭半棘筋(とうはんきょくきん)が凝り固まることで起こる緊張性頭痛。頭痛の大半はこの緊張性頭痛と言われています。 また頭痛の発生に関与する「大後頭神経」(だいこうとうしんけい)は頭半棘筋を貫いているため、首こりによって筋肉が圧迫されると、その神経も圧迫され、頭痛が起きるのです。さらに、脳へ通じる血管が収縮することで、頭痛が起こる場合もあります。脳に通じる血管の中には、首の骨の中を通っている細い血管があるため、首に異常が発生すると、その影響から頭痛が起こる場合があります。
早めの首こり対処を心がけましょう。

こり(首すじ・肩)と併発する症状

首こりの悪循環サイクル。

首こりの悪循環を起こすサイクルは、筋肉が緊張したり、血流が悪くなることで、筋肉への栄養素や酸素供給が低下し、さらに筋肉が硬直することから始まります。 筋肉が硬直することで末梢神経が圧迫・損傷し、その刺激情報が大脳に伝わることで、首や肩の痛みを認識。さらに、筋肉や血管を収縮させるのです。この悪循環サイクルは、日常生活の中で誰にでも起こりうること。
毎日、適度な運動で、筋肉や血管の収縮を和らげることが大切です。

肩・首すじのこりや痛みのメカニズム

参考「目で見る医書シリーズ 徹底図解くび・肩・腕の痛み」(法研)より改変